お金の使い道に不満を抱える市民

政治家はかなり難しい職業とされています。なぜなら、自分の行動や言った言葉で突然国民から信頼をなくしたり、他の国との関係に傷がついてしまうことだってあり得てしまうのであります。

そのことで辞任をしなけれあなあない状況にだって陥ることが毎年あるのであります。これは実際に起ってはいけないことなのであるが、防ぐことはできていないです。

政治家はちゃんと働くように給料はかアンリ支払われているのであります。給料以外にもかなりの特典があるのであります。

そういう事を国がしているのにやはり問題を起こしてしまい、最後はこのことの対応に追われているものであります。その問題の中で特に多いものは税金についてであろうとされています。

税金は国民から国が取っているものであり、国民としては必ず支払わなければならないものであります。

この税金は自分たちの生活のために使われていると国民には説明されおり、国民もそのことをちゃんとわかっているのであります。

だからちゃんと支払っているのであります。しかし、政治家は自分のために税金を使っているのであります。しかも国民には見つからないようにしてであります。

見つかってしまうと字ぬんをしなければならなくなり、信用もかなり落ちてしまい、今後の人生にかなりの鬼頭がついてしまうことが予想されます。そこは権力を使い、絶対に世間に出ないようにしています。

やはり見つかってニュースにたくさん取り上げられています。そこで自分たちも知ることになり、自分たちの政治家に対する不満感が強まり、信頼がしづらくなっているのであります。

そうではあるがなぜ見つかるかというと同じ政治家の目があるだろう。今、日本でも多くの政治家がいて、毎日仕事に明け暮れていると思うがそれを監視する人もいるわけであります。

その人たちに言わせると、すぐに不審な行動に出ているとすぐにわかるいいます。いつもと違う行動に出ているからです。いつもと違う行動というと何か様子がおかしいことや、何かそわそわしている事であります。

監視する人はほとんど毎日監視ということもしているので目に肥えているとされていて、この人たちの目にはごまかしはきかないとされています。

税金に使い道に対してかなり厳しくなっています。ちゃんと使い道を言って使わないと完全に疑われてしまいます。だから、やはり普通に政治家の仕事を全うしした方が様ということで?あります。